2015年6月21日日曜日

アストラエアの白き永遠 終了

んーーーーーー

感動ストーリーでしたよ? いい終わり方したよ?

でもなんかやっぱダメだなぁ これは空回りしてるわ




なんつうか 意味深な言葉使い過ぎというか

すげぇ哲学的じゃないけど なんか 何をテーマにしてるんだろうって

あとは 最後の最後まで言い回しがいかにもfavoriteみたいなめんどくさい遠回しなすげぇ雰囲気出すわかりづらい言葉なせいで

理解がワンテンポ遅れて全く感動できない

全く泣きそうにならなかったし 全く鳥肌来なかった



あとは 曲がローテンポの変な曲というか 妖精の唄う歌が鳥肌的じゃなかったというか


やっぱいろセカのBGMは凄かったな あの真紅の最後の方の屋上でのシーン





タイトルの意味のわからなさは最後になって解決した

白の世界のアストラエアが永遠を望んで それが始まりであり終わりにつながったんやな






まぁなんだ ロリコン信者ならやってもいいんじゃないかな



個人的には落葉が一番好きでした たぶんそういう人も多いと思う そういう作りしてる



次は何やろうかな

0 件のコメント:

コメントを投稿