2015年6月10日水曜日

ハローレディ 感想

良作認定します いい作品だった

なんだろう シナリオのテーマがちゃんとあるというか

俺はどちらかと言うと 本文をしっかり読まずに雰囲気を楽しむ派なので

哲学大好き人間とか 読解大好き君とかだと なんだこのクソ文章はシネ と言いたくなるかもしれないけど

それでも すごく良かった

最後まで終わってすごく心地が良い




絵 なにも文句ない

伏線など 完璧 いや精査すれば何かありそうだけど 踏み台シナリオにならなかった
全ルートきっちり終わった さすがというかなんというか
(ほんとーに細かいことを言うと 復讐が終わってかつ大義がエルルートでは生きているはずだから・・・)


BGM これは耳に残る 絶対に残る このOPBGMverは卑怯

ヒロインズについて どれもよい 選り好みされそうな特徴が無いと言ってしまえば欠点に聞こえるかもしれないけど
そういうんじゃなくて なにも違和感もなく なんの抵抗もなく 各ヒロイン全部終わる
とても良かった
いやというか主人公が完璧?

文体 変わってる すごく変わってる でも良い

英語力 声優は練習すべきだね



内容について

こういう「システム」が出てくる作品を俺はもう一個知っているけど あれは完全スーパー失敗作でもはやタイトルを知ってる人すらほとんどいない
こういう主人公が主人公OP力を持っている作品を俺はいっぱい知っているけど ちゃんと生かされていた 何も欠点ではない

なんだろうね ヒロインズの感情の動きがシナリオ内容の邪魔をしていないというか
主人公、シナリオがヒロインズの心の動きを捉えなかったというか
んーっと 主人公の行動が 普通?現実的? エロゲ主人公ではなかった

あとはシナリオに無駄がマジで一切なかった
正確には場所を選ぶ変な選択肢がいっぱいあったけど 攻略サイト見れば何も疑問に思わないし 適当に入れてるシーンだから あれはマジで何も感じない


シナリオの作り方が全然エロゲじゃなかったんだな それに尽きる
それでいて 所謂パラレルワールドのように個別を作るエロゲシナリオにしたんだから
良かったと思うのも当然か?




まぁ 批評空間80点は伊達ではなかった

多少 好き嫌いはあるかもしれないけど いい作品






主人公のボイスありというのも なかなか良かった

成田くんイケメン


とりあえず ヒロイン面してまったくヒロインじゃなかったどころか とって付けられたような謎のダンスCGを残して去っていったサブヒロインにすらなれなかった哀れな登場回数の少ないキャラをヒロイン昇格させた new divisionなるものをやってみようかと

ワクワク

0 件のコメント:

コメントを投稿