2015年7月2日木曜日

カオスチャイルド 感想

TRUEまで全部終わりました

気を使ってネタバレ避けた表現はするけれど それでもかなりのネタバレになるからやってない奴は絶対に読むな
























なんていうかさ これ絶対ファンディスクだろ

すごく面白かったし この世界の感じも出ててすごくよかったんだけど





カオスヘッドの続編 カオスヘッド2 としてはこれ多分ダメなんじゃないかな





たぶんこう カオスヘッドのドキドキ感というか そういうのが後半 個別の何人かとTRUEで全くなかったのがこう 残念というか

序盤の気持ち悪さも ディソード知ってるからそこまででもなかったし

殺人の恐怖的な意味では凄まじかったけど それでもカオスヘッドほどやばくないイメージがすごいある







300人委員会がどうなったのか 渋谷がどうなったのか ナイトハルトたちはどうなったのか

その辺が明らかになるよね っていうファンディスクだった




あとね なんかすごい矛盾が残りそう 残ってそう

例えば来栖のこととか 例えば「渋谷から出る」とか あのあたりがちゃんとしてない

「渋谷から出る」の意味が一番わからなかった

どうして渋谷から出ようとしないのか

あとは力士シール信者たちか あの覆面連中

あれ何者?何回かすごい意味深な感じで集団写したCGあったけど 何もなかったよなあれ

あとは タクが最後に何をしたのかも描写されてない

1人だけ抜ける ってなんだよ

不可解なことが多すぎてなんかちょっとね



俺が見逃しただけな可能性 ありそう





まぁ これはこれで面白かったし良かったんだけど 最後になって突然気が抜けた

何も心に残ってねぇ

最初のノーマルエンドが一番ヤバイというか 本編というか ヤバイ

それ以外は大したことねぇ

テキスト量3MBとか言われてた気がするけど そんなでもなかったし





まぁなんだ カオスヘッドやってロボティクスノーツやってシュタゲやったら カオチャやってもいいんじゃない?

わいロボティクスノーツやってないけど

結局全部の話しに関係する話題だしね 「次の世界」

次作品のフラグですねぇ







そういや 能力を「捨てる」 能力が「使えなくなる」って どういうことだろう

これはカオスヘッドを詳細に覚えてない俺が悪いのかもしれんが

ナイトハルトが能力を使えないのは 「ほんもの」がいないから?

そういうものなのかあいつの存在って?

それとも単に「力尽きた」?

思春期にヤバイ心のダメージを負ったものが頭おかしくなった ってのがルーツだよな

なら無くなるものじゃないのでは?

症候群能力については あれは副産物みたいなもんだから無くなるのもしょうがないのかもしれないけど



あとあのラスボスね なんであいつ「本物」なんだよ それはアカンでしょ

なんで本物が委員会にいるんですかねぇ・・・








これ以上考え出したら いろいろ空回りそうというか無駄になりそう



個別のメッセージ性が乏しかったというか つまんなかったのがこの作品の敗因だろうなぁと まとめておくとするか



とりあえず 次の作品楽しみにしてます

ロボティクスノーツは 誰かがやってて俺に薦めてくるか これをやってないと次の作品が楽しめない場合にはやります

0 件のコメント:

コメントを投稿