2018年3月23日金曜日

数学ができるとかできないとか 最近のお勉強のお話

最近 やるゲームもなくて暇で暇でしんどかったので お勉強してました

もう四年になるしそろそろ自分の興味のあることを勉強しようかなと思って本屋に行ったのが始まり

理系の棚 特にコンピュータ系の棚にいっていろんな本眺めて 見つけた一冊がこれ

「暗号技術入門」結城 浩 リンク

めっちゃ面白かった これは全く暗号とかパソコンとか知識のない人でも読める
昔の暗号から今現在使われてる暗号まで説明してある そしてビットコインでお馴染みのブロックチェーンと楕円暗号についての導入も書いてある

で、この著者 プログラミングとか数学で有名な人ってのは知ってたからこの人のこと調べてたら見つけたのがこの本

「数学ガール」 リンク

大学生向けみたいなタイトル付いてるし 面白いかなと思って とりあえず俺が関係ありそうな「乱択アルゴリズム」から読んだ

めちゃくちゃおもしろかった
なので最初の無印とフェルマーの最終定理も読んだ

読み終わったのが今日

大学で数学を全くやっていないのでマジで整数論代数論幾何的発想群論全て初めて触ったけどめっちゃ面白かった

で、フェルマーの本の最後に出てた 有限体 楕円関数について
これ 暗号で出てきたじゃんとおもって
ちゃんと調べようと思って調べた

http://mattyuu.hatenadiary.com/entry/2016/11/07/015339

この記事を見つけ、最後に紹介されてる動画を見た
そしてそこの動画の中で紹介されてる動画がこれ

http://www.nicovideo.jp/mylist/46044337

これを見てる途中です。。。



この数学の世界の面白さ うまく説明できる人間ってマジですごいよな
ちゃんと数学勉強してるんだなって思う
そりゃちょっと教職とった程度の人間じゃ教えるのは無理だわ

数学って 自分が理解してることと 問題が解けることと 他人に説明できること
の差があるというか

よく高校時代に 「あいかは数学ができる」とか言ってた人が居たけど
俺は自分で数学はできないと思ってるし、実際自分が理解してるだけだし
自分が理解してない範囲のことは一切知らないし知ろうともしなかった
ただの自己満足

他人に説明できる人は完全にその周囲の知識まで体系的に、具体例も含め全て頭に入ってる人だけだし そこに至るには自分の手で計算して証明することを積み重ねるのが重要

俺は読んで満足する人間



この数学ガール 高校時代に出会いたかった
使ってる知識自体指数計算のやり方とsincosの初歩と数列の極限くらいだから
しかもそれもちゃんと説明してるから
頭のいい普通の高1なら読めるようになってるんだよね
ついでに数学を考える上での正しい思考プロセスまで書いてある
しかも物語調で




まぁ当時の俺の勉強スタイルを後悔するわけじゃないけど
今なら別の勉強方法してたよねって思います

高校の勉強って なんか大学の研究のための初歩をやってるところなわけじゃん
それなのに数学は各章ごとにまったく違う話かのように勉強したまま放置して終わったり
物理は公式暗記して性質暗記して終わったり

ほんまクソだな
俺が高2高3で数学じゃなくて物理に興味持ったのって明らかに塾で微分物理やってたからだし その時に「高校数学の試験問題を解く」数学の勉強じゃなくて「大学の数学を勉強する」ことをやってたら数学にもっと興味持ったかもしれないなぁって




とにかく今数学モチベが高いので 満足するまで関連ブログとか関連本とか読み漁ろうと思います

0 件のコメント:

コメントを投稿