2017年1月3日火曜日

あきゆめくくる 感想

2017年になりましたね

今年最初のエロゲ記事は 「あきゆめくくる」

すみっこそふとの四季シリーズ三作目です






あの 正直に言っていいですか

糞つまんないです

どれくらいつまんないかというと はるなつと二作やった人にも この作品はやらなくていいと言いたいレベル




いや あのね

なんていうかさ 違うだろって

はるの時の完成された回収と意味深さと感動を返せ

なつのときはちょっと一気に重力の話が来て意味不明さが上に立ったけどそれでもまだ面白かったよ 展開が

あき なにこれ 喧嘩売ってる?

各ヒロインのルートで一個ずつ謎を明かしていくのはいいんだけど それくっっっっっっそどうでもいいやんけ

しかも正直いって意味わかんないし

設定雑に作り過ぎじゃない?

しかも一人マジで関係ないやつ居たよな? なんであのヒロインにすらできない男を登場キャラに入れたんだ?あれ必要だったか??

もうなんか突っ込みどころ多すぎるというか すべてがどうでもいいまま勝手にメインヒロインがデレて終わっただけじゃん





ゴミです

量子論だとか二重スリットだとか宇宙人だとかウイルスだとか マジで全部クソどうでもいいじゃん

宇宙人が一番どうでもいい設定なのホントに喧嘩売ってるとしか思えない

なんでトゥルー形式にしたんだよ

全ヒロインの全ルートハッピーエンドだし 別にループしてないし 最後の一人も他ルートからの影響全然無いし

これはあかんて



なんかさ 批評空間のコメントみて驚愕してるんだけど

考察が楽しめた とか 良かった とか

なにこいつら 絶対ウソだろ

こんな設定で考察もクソもあるかよ すべてキレイにSFで あ、そういうことできるのね くらいにしか思えないわ

このデータ数36 絶対サクラ入ってる

というかすみっこの新作なんだしもっとデータ数あってもいいはずなのにこんだけしか無いの お察しって感じだ







さようならすみっこそふと 失望しました

0 件のコメント:

コメントを投稿