2015年9月1日火曜日

箱庭ロジック 終了

ちょっと時間ないから急ぎ足で サークルもう始まってる・・・




はい 終わりました 昨日長い長いと言ってたあの作品

昨日記事書いてるあの時点でどうやらヒントは全部出揃っていたっぽいね

というか 本気で考えれば予想できたねきっと

たぶん 「あの時点でヒントは終わってる」 ことがわかってれば想像の範疇かな



まぁ 「箱庭の物語」で出てくる名前に気を使ったのか知らないけど あれはちょっとヒントが少なすぎるな



内容 まぁまぁかな うん

ちゃんと伏線全部回収したし 萌美先輩もまぁそういうことなんだなぁって感じ

ただ拍子抜け感がすごいというか まぁなんだろうね 最初の方の捜査と 2人のルートで内容がぜんぜん違ったことから もっと想像以上のエンディングを期待してしまったというか






すくなくとも 一言で言い表せてしまう事件にするべきではなかったな





あとは登場人物少なすぎ?

なんていうか ミステリーとしては甘いんだろうな

本気で解決しようと思ったら そりゃ犯人とその集団というか 組織の人間はあいつらしかいねぇわ





はい まぁそこそこ楽しめたけど 普通の作品 ってところかな

cabbitのおまけシナリオには毎度お世話になってますm(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿