2014年4月5日土曜日

ファーストタイムOあんどK

英語 初めての授業
英作 K 読解 O
どっちも神講師ですわ

前半のK

V2のlookは見た目 seemはいろんなデータから総合的に判断
lately最近 late遅い
sleep 夜から朝まで睡眠をとる fall asleep 何かしながらうつらうつら
it is no exaggeration to say that は慣用表現でアレンジは☓
crime犯罪criminal犯罪者 犯人はsuspect

arrive in London  atは狭すぎ
answer(V3) = reply to
learn English  learn from cultures 文化は科目ではない
rob 人 of もの 分離のofだったかな

tell (相手)(メッセージ)←言葉にできるもののみ
tell Emily my phone number
tell Emily about our plans

pay(相手)(金)(for~)←に対して
pay twenty thousand yen for that painting

it themはV4のO2に置けない

こんなもんか 完全にメモ書きだわ
Kの授業は黒板使わないでガンガン喋るから まともなノートが作れない
動詞用法の抜き打ちテストとかつらすぎ

後半のO
一番最初のjet lagという単語から発音の話にそれる教師はこいつしかいないと思う
jet lagはjetを強くlagを弱く読む
これは名詞の名詞修飾系だから
そもそも名詞が名詞を修飾するのは日本語と英語くらいだとか
a taxi driver    airport  running shoes
sleeping babyを sleepingを強く読むと 「寝るための赤ちゃん」安眠のために赤ちゃん貸出でもしてるのかな?
日本語も同じ
朝日↘
新聞↗
朝日↗新聞↘
外人に日本語リスニングテストで
「私は毎日新聞をとっています」は絶望的らしい

mind - mental
body - phisical <physician
                     |physicist
bodyは身体と物体の両方があるから 医師と物理学者に派生する
physicalはphysis(自然)
倫理でphysisとnomosがでてくる
nomosは法 economy astronomy

ahead aは昔の前置詞の名残
だから前置詞の位置に来る 他の位置には来ない
across asleep
sympathy symはギリシャ語のwith pathyは気持ち 気持ちを一緒にする
compassion comはラテン語のwith  passionも気持ち
synchronizeは synがwithだから 使う前置詞もwith

symとsynの使い分け これは発音によるもの

この表は左から赤ちゃんが習得していく発音らしいです
赤ちゃんに「ジジ」と呼ばせるのは無理
mかnか悩んだときは 次の文字がこの表で近い方を使うそうです
pはm cはkだからn
lookedはルックドではなくルックトゥ
「あんぽんたんが」を英語にすると この「ん」は3つとも別の書き方

perはthrough percent perspect
diaもthrough diameter diagnosis diagram

こんなもんか
なかなか忙しい授業だったな どっちも黒板使わねぇし
宿題 暗記物 結構あるし
がんばろ


 ハピメアFDのOP
最近のお気に入りその2

今日の昼は気分を変えて
www.pajamas.ne.jp/lovelovelife/‎
これをやってみた
ゲーム内時間7日でハーレムゲーって短いなと思いながらやったけど
朝昼晩マップ選択肢だったから普通に多いわ
二日目でだれてやめちゃったけど オチが気になるからハーレムルートだけやる・・・かも

銃騎士の体験版批評がそんなに良くなかったからやる気なくしてる
ALIASCARNIVALはそもそも優先度低いからまだやらない
FLAT新作(シークレットゲームのとこ)のひこうき雲の向こう側も シナリオライターがなぜかつよきすと辻堂さんのライターだから 正直悩んでる
どっちもやったこと無い(絵が好きじゃなかった)から判断できないんだよね
ま たぶんFLAT作品だからやる
 

0 件のコメント:

コメントを投稿